chiisaxtrip’s blog

愛知在住 子連れお出かけ記録:)

【台湾旅行】子連れでも楽しめる◎高雄・六合夜市のグルメを堪能!【子連れ海外旅行】

こんにちは!さちです:)

年末年始の台湾旅行まとめ、
今回は台湾旅行には欠かせない「夜市」についてまとめていきます。
子連れで夜市は無理かな…と思っていましたが、
行ってみたらなんとかなったのでご紹介します。

六合夜市

高雄市最大の夜市「六合夜市
屋台のほとんどが小吃(軽食)かゲームで、雑貨などを売るお土産屋さんはあまりなかったです。(Tシャツを売っているお店はありました!)

一本の通りの両サイドにお店がズラッと並んでいるので見やすく、かつ歩行者天国なので原付におびえることなく(笑)キョロキョロしながら色々と見て回ることができました。

六合夜市の有名店「光頭老闆鐵板炒飯」

六合夜市に来た最大の目的は「光頭老闆鐵板炒飯」の炒飯を食べること!
ということで、行ってきました。

手際よくパラパラの炒飯が作られている様子はいつまでも見ていられる…!

このミッチミチに詰まった炒飯…最高です…
息子(2歳)もパクパク食べていました。
※人気店なので並ぶの必須です

夜市近隣のお店も◎「水餃、酸辣湯(自立店)」

夜市からちょっと外れた場所に水餃子のお店を見つけました。

ひとつずつ丁寧に餃子が作られている様子を見ていると、どうしても食べたくなり…

おいしく頂きました。
夜市の喧騒から逃れてお店でゆっくり食べるのもアリだな、と思いました。

まとめ・注意点など

以上「子連れでも楽しめる◎高雄・六合夜市のグルメを堪能!」でした!


最後に注意点や自分たちが気をつけたことを。

早めに行って、早めに帰る

2歳児を夜に長時間連れ回すのは避けようと思っていたので、17時頃に夜市に入り18時半ごろには後にしました。

基本的には抱っこひもを使用

歩行者天国になっているとはいえ、人が多いとぶつかったりはぐれたりする危険があるので抱っこひもを使用しました。

クレーンゲームのコーナーでひと休み

抱っこひもの中でずっと大人しくしてくれるわけでなく「自分で歩きたい!」とグズるときもあったので、そのときは人気のないクレーンゲームに行って歩かせていました。

全部持ち帰り

食べる場所は限られていたし幼児連れだと難しいかな?という印象だったので、すべてホテルに持ち帰りました。本当はその場で食べたり飲んだりしたかったけど、そこは我慢。冷めてもおいしかったし、ゆっくり食べることができたのでヨシとします。


冒頭に書いた通り、
子連れで夜市に行くのは無理ではないし、なんとかなる。
けど、なにかと周囲に気をつかったり我慢しなきゃいけないこともあったりと、結構大変だったことは間違いないです…

でも台湾旅行に夜市は欠かせないと思うので、子連れだから…と諦めず行ってみてよかったなと思います!

この記事が、どなたかの参考になれば幸いです:)

基本情報

▼アクセス
高雄MRT 「美麗島站」よりすぐ

▼公式HP

jp.taiwan.net.tw